新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

のどの痛み

  • のどの痛み

のどの痛みは風邪や咽頭炎などの様々な病気が原因で起こる症状で、誰しも経験があるものだと思います。あまりにありふれた症状ですが、実はその裏側にある病気にはちゅういが必要で、先にあげた感染症のような病気以外にも注意しなくてはならない病気が沢山あります。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

吹き出物

喉の痛みの原因にはもちろん風邪のようなありふれたウイルスの感染症もあるのですが、溶血性連鎖球菌感染症のような非常に症状が重く厄介な感染症の場合もあるので注意が必要です。溶血性連鎖球菌感染症はそれ自体は完治可能で、適切な投薬によって治療ができる病気なのですが、困ったことにその後腎臓のトラブルを引き起こすことが知られていて、感染後の経過観察を欠かすことができません。この他にも喉の痛みの原因が感染症ではなく咽頭や喉頭の腫瘍であることもあるので、喉の痛みを感じた段階で原因を把握することが大切です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

喉の痛みを抑える市販薬はいわゆる解熱鎮痛剤で、炎症を抑えることで痛みを抑え、症状を和らげるはたらきがあります。この鎮痛剤のはたらきは日常生活を送る上で症状による苦痛を和らげてくれるメリットがあるのですが、かえって症状をわかりにくくしてしまい、感染症や癌などのトラブルを長引かせてしまいます。喉の痛みの原因が炎症ではなく、喉の周囲のリンパ節の腫れなどの特殊な原因の場合には喉以外の病気も考えなくてはなりません。病気の種類によっては手術や放射線治療などの特殊な治療が必要な事もあるので、独断で治療を行うことなく、必ず医師に相談して適切な診断と投薬を受けるように心がけましょう。