新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

インフルエンザ予防接種

  • インフルエンザ予防接種

インフルエンザは非常に厄介なウイルスでインフルエンザが発症する前に対処しなければ大きなトラブルにつながることがあります。インフルエンザの予防摂取を有効活用し、インフルエンザにかかる前に対処をしておくことが大切です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

アトピー性皮膚炎

インフルエンザにかかってしまった時に注意したいのがインフルエンザ関連の合併症です。子供の場合ではインフルエンザ脳症などの神経にダメージを及ぼす疾患が知られていて、インフルエンザが悪化することで様々なトラブルが起こってくるのです。インフルエンザ脳症は特に小児のインフルエンザ感染で気をつけなくてはならないもので、大人の場合には肺炎などの呼吸器の疾患の悪化を懸念しなくてはなりません。特に高齢者の場合ではインフルエンザに伴う肺炎のリスクが高いと言われているので、あらかじめ予防策として予防接種を受けることが非常に有効です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販薬などでインフルエンザを直そうとするのは非常に危険です。インフルエンザの治療にはインフルエンザ治療専門の薬を使う必要があり、適切な薬を用いないと症状を悪化させるだけでなく、合併症が発症する危険をより増加させてしまいます。長期間にわたってインフルエンザを発症していると自分だけでなく家族の健康に影響を及ぼしたり、自分の体にとっても大きな負担がかかってしまうので、独断での治療は避けなくてはなりません。 インフルエンザの予防接種は医師の指導のもとで行われます。インフルエンザにかかる前に医師に相談をし、予防摂取を受けるように心がけましょう。