新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

痛風

  • 痛風

体内の尿酸値が上昇してしまうと関節に尿酸が結晶を作ってしまい、関節に非常に強い炎症や痛みを引き起こします。痛風になってしまうと非常に強い痛みを引き起こしてしまい、歩行や日常生活にまで影響を起こしてしまいます

放置しておくとこんなことになる可能性があります

痛風

痛風を防ぐためには過食や大量の飲酒を避ける必要があります。体内で尿酸を作り出してしまう原因にはプリン体という特殊な成分を含む食品に注意が必要で、ビールや肉類など様々な食品がリスクのある食品として知られています。一度痛風が出てしまってから放置してしまうと症状が非常に重篤になってしまうことがあります。痛風を繰り返すと全身に痛風結節という塊ができ、腎機能障害や急性関節炎、関節の破壊などのトラブルが起こるので、痛風にかかった時点での対処が重要です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

痛風を緩和できる市販薬は今のところ痛み止めしか販売されていません。しかしながら、一般に市販されている市販薬の大半は痛風の痛みにはほとんど効果がなく、少しだけ痛みを和らげたとしてもほとんど効果が持続しません。痛風の痛みは非常に劇的な痛みなので痛み止めだけで対処するのは非常に辛く、医師の処方した薬を使うことが重要です。痛風を防ぐためには発作を予防したり体内の尿酸を防いだりと様々な専門的な薬による治療が必要になります。これらの薬には副作用があるので、医師の適切な判断のもとで薬を使用し、副作用のリスクを減らした上で体の状態をコントロールする必要があります。痛風でお困りの方は是非一度医師の診断を受け、服薬や治療をする上で必要な生活上のアドバイスを受け取るように心がけてください。