新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

脂質異常症

  • 脂質異常症

脂質異常症はかつて高脂血症と呼ばれていた疾患で、血液中の脂質が異常に高くなってしまう疾患です。よく知られている通り血液中のコレステロールなどの脂質が高い状態が続くと心臓や脳に様々なトラブルを引き起こすので早めに治療するように心がけましょう。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

脂質異常症

脂質異常症を放置していると動脈硬化などの疾患が起こります。動脈硬化は血液中のコレステロールが血管の壁に沈着し、炎症と石灰化を起こすことで発症する疾患で、動脈の壁が異常に硬くなってしまうことを特長とした病気です。血管が硬くなるというのは血管が丈夫になるような誤解を招いてしまうかもしれませんが実はこれは非常に危険な状態です。血管が硬くなるということはそれだけ血圧の変化に柔軟な対応ができなくなるということで、脳の血管の破裂などのトラブルにつながります。また、心臓の栄養を担っている冠状動脈が細くなってしまうと狭心症や心筋梗塞などのトラブルの原因にもなり注意が必要です。脂質異常症だとわかった瞬間に治療を始め、食事のコントロールや血中のコレステロールのコントロールを行う必要があるのです。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販の薬だけで脂質異常症の治療を行うのは非常に難しく、満足のいく治療ができるものはありません。脂質の異常がわかった段階で必ず医師の適切な投薬と生活指導が必要になります。動脈硬化にまで発展してしまうとより大掛かりな治療やより高度な診療計画が必要になります。心筋梗塞や脳梗塞は非常に予後が悪く、発症する前に食い止めることが大切です。脂質異常症でお困りの方は必ず早めに治療を受け、体の状態を整えるように心がけてください。