新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

糖尿病

  • 糖尿病

糖尿病には自己免疫が原因となって発症するタイプの糖尿病と、栄養分の取りすぎが原因で起こるタイプの糖尿病が知られていて、どちらの糖尿病も適切に治療を行わなくては体の状態を回復することができません。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

糖尿病

糖尿病は単に体内の糖分が多すぎるという病気ではありません。糖尿病が厄介なのは糖分の異常だけでなく目や腎臓や神経に異常を起こしてしまうことにあります。高血糖状態が長く続いてしまうと血管の内側にある血管内皮細胞という細胞が壊れてしまい、毛細血管が徐々に破壊されてしまいます。このような血管の異常が続いてくると目の網膜がダメージを受けてしまったり、腎臓の内部にある毛細血管に異常が起こってしまうことから全身にダメージが出てくるのです。糖尿病が原因で人工透析に至ったり、血流の異常から手足の指を切断せざるを得ない方もいるので、糖尿病とわかった段階で早期の治療を行う必要があります。

糖尿病を患っている方は血流の不足だけでなく免疫の低下から感染症に弱くなっています。ちょっとした怪我やちょっとした風邪が重症化することがあり、あらかじめ感染症や怪我などを防ぐように毎日の生活で気をつけなくてはならず、非常に生活に悪影響が出てきます。症状が悪化してしまう前に早めに治療を行うことが大切です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

糖尿病の症状を緩和できる市販薬は今のところ販売されていません。糖尿病を緩和する薬は血糖値に影響を与えるので医師の診断と指示のもとに服薬する必要があり、定期的に病院で経過観察を受けることが何よりも大切なのです。糖尿病でお困りの方は体調のコントロールを行いさらなる悪化を防ぐ心構えが重要です。必ず病院で診断・治療を受けるように心がけてください。