新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

便秘

  • 便秘

便秘は男性と比べると女性に多く見られる症状で、年齢が上がるにつれて便秘になる割合が高くなっていきます。便秘になる原因にはもちろん食生活や飲水量などの食事の要素も関与していますが、実は疾患が原因となって起こる便秘もあるので注意する必要が有ります。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

便秘

便秘を引き起こすのは食事の内容だけでなく病気が原因となることがあります。腸閉塞やヘルニアなどの腸自体の通り道が狭くなったり閉じてしまう病気や、大腸や直腸に腫瘍ができてしまい、腸の動きが悪くなったり腸内側に腫瘍が盛り上がる事で通り道が狭くなってしまう病気が考えられます

これらの病気を長期間にわたって放置してしまうと腸の壊死や腫瘍の病巣の悪化などの非常に深刻な病気を引き起こしてしまう可能性があります。腸閉塞やイレウスは非常に急激な痛みが起こるので、ほとんどの場合は便秘が起こると同時に腹痛を感じます。

このため病院に出向く方が多くあまり大きな問題になる事はありませんが、大腸の腫瘍などは初期の症状がわかりづらく、ある程度進行してから症状に気がつく事があります。状態が悪化すると転移などの問題を引きおこしてしまうので注意が必要です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販の便秘の治療薬には原因の治療を行う成分は含まれていません。便を柔らかくしたり、排便を手助けするような成分が含まれているので、排便自体は楽になるのですが、原因疾患の治療を行わなければ長期間にわたって 猿臂を抱え続ける事になってしまいます。たかが便秘と思われがちですが、大腸ガンや直腸ガンなどの深刻なガンの重要な症状なので、見過ごすわけにはいきません。独断で薬を使用してしまうとこれらの病気に気がつかず悪化を助長する原因につながります。便秘でお困りの場合には、必ず病院で診断・治療を受けるように心がけましょう。