新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

膀胱炎

  • 膀胱炎

膀胱という臓器は尿をためるために働き、女性では短い尿道を通じて外部と交通しています。このため、女性の場合は男性に比べて大腸菌などの細菌が原因となる、細菌性の膀胱炎にかかる可能性が非常に高いことが知られています。膀胱炎を放置してしまうことで通常の膀胱炎では起こらないような状態にまで悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

膀胱炎

女性は尿道と膣・肛門の距離が短く、常に膀胱炎のリスクがあります。排尿を我慢していたり、性交渉を行ったり、様々なことが要因で尿道を伝って細菌が膀胱に入り膀胱炎が発症します。膀胱炎は女性であれば誰でも経験しうる病気で、ついつい放置してしまったり、病院から足を遠のけてしまうこともある病気です。しかし、悪化しているにもかかわらず放っておくことで膀胱の機能が低下したり、膀胱が過敏になってしまうことがあるので早期の治療が重要です。膀胱が過敏になり、排尿刺激が強く出過ぎてしまうと頻尿などのトラブルが出てくるので、膀胱炎を放置するのは適切な判断ではありません。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

膀胱炎の原因の大半は細菌感染によるもので、治療するには菌を殺す薬が必要になります。菌を殺す抗菌薬は非常に様々な種類があり、どれも医師の処方がなければ手に入りません。市販薬に頼り頻尿を抑え、膀胱炎を放置してしまうとより深刻な膀胱のトラブルを引き起こしてしまいます。薬の処方だけでなく、治療の計画を立てるには医師の判断や適切な検査が必要になります。細菌感染の治療を行うのは難しく、独断での治療は難しいものばかりです。トラブルを未然に防ぎながら治療を行うためにも、膀胱炎を疑った場合には必ず病院で相談をするように心がけてください。