新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

鼻水

  • 鼻水

長い間鼻炎が続いて困る方も多いかもしれません。鼻炎というのは日本人であれば誰でも「花粉症」という形で経験する症状で、毎年春先になると多くの患者さんが病院に訪れる原因となっています。鼻炎の主な症状である鼻水についての知識はとても大切です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

鼻水

花粉症などの鼻炎が長い間続いてしまうと実は体にとって大きな負担になってしまいます。鼻炎の原因となるのは花粉症に代表されるアレルギーだけでなく、ウイルス感染や細菌の感染などの感染症が原因となる事があります。鼻の粘膜の内部に長期間にわたって炎症が続いてしまうと嗅覚の低下や、頻繁に起こる鼻出血などのトラブルが起こってしまいます。鼻に限らず炎症が長引いてしまうと一般的に治すのが難しく、炎症がではじめた初期の段階で治療にこぎつける事が最も重要です。鼻の粘膜の炎症も鼻水がではじめた初期の段階で治療を行う事が大切なのです。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販薬ではアレルギーの原因となるヒスタミンの働きを抑える成分を含むものが一般的です。たしかにこのような抗ヒスタミン剤という薬を使い続けていると鼻水が出て困る事はありません。しかし、鼻水が出るという事は必ずなんらかの原因が隠れているはずで、感染症なのか、アレルギーなのか、それともなんらかの他の原因があるのかと考える必要があります。また、やがて薬は効き目が悪くなってくるので、一度鼻水の悩みから解放されても再度鼻水が出てくるようになるのです。全身の状態や、体の症状についての判断や治療の計画には必ず医師の介入が必要になります。自己判断で薬を使う事なく、鼻水が出始めたら必ず病院で診断を受けるようにしましょう。