新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

咳喘息

  • 咳喘息

咳喘息というのは咳だけを症状にした期間の炎症で、喘息に特徴的なゼーゼーとした呼吸が見られません。一見ただの咳だけのように見えるのでついつい放置してしまいがちですが、実は喘息の症状を甘く見てしまったために思わぬトラブルに巻き込まれるということがあるので注意が必要です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

咳喘息

喘息の原因は度重なる気道の炎症です。気道に繰り返し炎症が加わってしまうと気道の表面が壊れ、炎症が治まったのちに気道の粘膜のリモデリングという気道の再生が起こります。気道のりモデリングは気道粘膜の再生ですが、けっして元のような粘膜にはもどりません。このため、繰り返し炎症が起こることで徐々に炎症を起こしやすいデリケートな粘膜に変化してしまい、喘息発作を起こすたびに気道が壊れていくのです。咳喘息は咳が続くだけで多くの方は喘息だと気づかないことがあります。炎症を早期に抑え、気道粘膜の破壊を防ぐためにも必ず早期の段階で治療が必要なのです。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

咳喘息の治療に市販されている咳止めを使う方が多いのですが、実は咳喘息の治療には炎症を抑えるステロイドと気道を広げる薬が必要になりますこのような咳喘息の治療に用いる薬は市販されておらず医師の処方の元に薬剤師を通じて手に入れる他ありません。市販の薬を使って咳喘息の治療をすると気道の炎症を抑えることができず、繰り返し喘息を起こしやすい弱い気道が出来上がってしまいます。独自の判断で薬を使用することはさけ、必ず医師の指導の元で適切な薬を使う必要があります。咳喘息や喘息でお困りの方は是非一度医師の診察を受け、治療に取り組んでください。

咳というのはありふれた症状ですが、決して看過してはならない症状です。独断で判断を下すのは非常に危険で、病気の悪化の原因になってしまいます。長引く咳でお困りの場合には必ず病院で相談するように心がけましょう。