新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

インフルエンザ

  • インフルエンザ

インフルエンザウイルスによる感染症を一般的にインフルエンザと呼んでいます。インフルエンザは冬から春先にかけて起こる感染症で、発熱・悪寒・筋肉痛などの症状に加えて全身のだるさが出てくる病気で、一般的な風邪にくらべてより急速に感染が拡大することが知られています。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

インフルエンザ

インフルエンザに感染したまま放置してしまうと症状が悪化するだけでなく多くの合併症を引き起こす事があります。インフルエンザに関連した合併症としては肺炎・インフルエンザ脳症・横紋筋融解症・心筋炎が知られていて、この他にも高齢者がインフルエンザにかかった場合には呼吸器や腎臓の機能の低下からもともと患っていた病気を悪化させることがあります。インフルエンザ関連の病気は誰でも感染する危険があり、早期に治療を行うことが大切です。小児のインフルエンザ脳症は非常に症状が重く、進行が早く予後が悪いことが一般的です。大人が感染している場合には子供にインフルエンザが移ってしまうことを防ぐ必要があります。家族内での感染拡大を防ぐために早期の治療を心がけましょう。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販の薬でインフルエンザの治療に用いることができる薬は症状を緩和するものしか販売されていません。インフルエンザの治療は家族や職場で感染を防ぐためだけでなく自分自身のインフルエンザの悪化を防ぐことがとても重要です。インフルエンザの治療に用いる薬は医師の処方を通じてしか手に入らず、薬局で購入した薬を自己判断で使用してしまうと治癒にかかる期間が延びてしまうので注意が必要です。

インフルエンザを疑ったりインフルエンザでお困りの方は早めに病院に行き、早期に治療を行うように心がけください。