新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

喘息

  • 喘息

喘息は気道が狭くなったり元に戻ったりを繰り返す病気で、気道の炎症が関与している病気です。遠足の症状の裏には気道の閉塞や気道が敏感になってしまう気道過敏に加えて、気道の炎症が隠れていて、喘息を放置していると非常に重篤な発作に至ることがあるのです。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

喘息

喘息の発作は夜間から早朝にかけて起こる発作が特徴で、呼吸困難や咳、ゼーゼーとした呼吸などの特徴があります。喘息の主な原因は2種類あり、子供の喘息の場合はアレルギーが関与するアトピー型、大人の場合にはアレルギーが関与しない非アトピー型が一般的です。子供の喘息に比べて、大人の喘息の方が重症化する傾向があり、実は大人の喘息の方が放置することができないのです。

喘息を繰り返してしまったり、喘息の発作が治まった後に放置してしまうと気道が過敏になったままになってしまうので、非常に危険です。気道の炎症が起こった際に適切に治療を行わなければ炎症の程度が悪化し、発作を繰り返すたびに状態を悪くしていくので注意するように心がけてください。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販の薬で喘息を緩和する薬は販売されていません。喘息の緩和にはステロイドという成分を含んだ薬やβ2刺激薬という気管支を拡張させる薬が必要なのですが、どうしてもこれらの薬剤は医師の処方なくして使うことができません。とくにステロイド薬は副作用とのバランスを考えながら使用する必要があり、医師の指導の元に薬を用いる必要があります。独自の判断での使用は避けなくてはなりません。喘息の治療には長い計画と適切な服薬指導が必要です。炎症を繰り返してしまい、さらに喘息を起こしやすい体質を作らないように長期的な治療の計画を立てることが大切です。喘息の不安がある方は是非一度医師にご相談ください。