新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

花粉症

  • 花粉症

春先になるとくしゃみや鼻水が止まらなくなる花粉症は多くの日本人にとって悩みの種となる病気で、スギ花粉やヒノキの花粉が原因となって花粉症を発症する方がたくさんいます。この花粉症は非常にありふれた病気ですが、放置してしまったり独断で治療を行っていると予想もしない病気を引き起こすことがあるのです

放置しておくとこんなことになる可能性があります

花粉症

花粉症はスギやヒノキやブタクサなどの花粉が原因で起こるアレルギー反応で、日本ほぼ全域で花粉症にかかる可能性があります。花粉症の症状自体は目のかゆみや鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応が主体ですが、花粉症を放置してしまうと鼻出血の悪化や副鼻腔炎などの他の問題を引き起こす可能性があります。 花粉症で炎症が起こっている鼻粘膜は非常に弱い粘膜で他のウイルスや細菌に感染する可能性が高くなり、注意しなければより深刻な問題に発展してしまいます。副鼻腔炎が起こると治療が長期にわたってしまうこともあるのでより早期の治療を行う必要があります。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販の花粉症の薬は非常に効果があり花粉症の不快な症状を和らげる働きがあります。しかし、花粉症の薬の使い方を間違えてしまうと症状を悪化させる原因につながります。花粉症が悪化した時に起こる副鼻腔炎や花粉症の症状が重く、他の細菌に感染してしまった時に花粉症の薬を使っても全く意味がなく、それぞれの原因に応じた適切な治療が必要だと言われています。花粉症の治療薬を適切に使うには医師の判断とアドバイスが必要です。花粉症かな?と疑った際には是非一度医師へ相談をしてみてください。