新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

インフルエンザ予防接種

  • インフルエンザ予防接種

インフルエンザは非常に厄介なウイルスでインフルエンザが発症する前に対処しなければ大きなトラブルにつながることがあります。インフルエンザの予防摂取を有効活用し、インフルエンザにかかる前に対処をしておくことが大切です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

アトピー性皮膚炎

インフルエンザにかかってしまった時に注意したいのがインフルエンザ関連の合併症です。子供の場合ではインフルエンザ脳症などの神経にダメージを及ぼす疾患が知られていて、インフルエンザが悪化することで様々なトラブルが起こってくるのです。インフルエンザ脳症は特に小児のインフルエンザ感染で気をつけなくてはならないもので、大人の場合には肺炎などの呼吸器の疾患の悪化を懸念しなくてはなりません。特に高齢者の場合ではインフルエンザに伴う肺炎のリスクが高いと言われているので、あらかじめ予防策として予防接種を受けることが非常に有効です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販薬などでインフルエンザを直そうとするのは非常に危険です。インフルエンザの治療にはインフルエンザ治療専門の薬を使う必要があり、適切な薬を用いないと症状を悪化させるだけでなく、合併症が発症する危険をより増加させてしまいます。長期間にわたってインフルエンザを発症していると自分だけでなく家族の健康に影響を及ぼしたり、自分の体にとっても大きな負担がかかってしまうので、独断での治療は避けなくてはなりません。 インフルエンザの予防接種は医師の指導のもとで行われます。インフルエンザにかかる前に医師に相談をし、予防摂取を受けるように心がけましょう。

インフルエンザの治療法

インフルエンザは治療の前提条件として諸症状がインフルエンザかどうかの診断が必要になります。
医療機関では、迅速診断キットを使用することで15分程度と、迅速に診断することができます。
キットでは患者様の鼻などの粘膜から検体を採取するだけですので、患者様の苦痛は最小限に抑えることができます。
新宿や西新宿のエリアには当院をはじめ、多くの皮膚科があります。
インフルエンザは自己の判断では断定できるものではなく、またインフルエンザは増殖が非常に速いウイルスのため、発症後すぐに治療を受ける必要があります。
風邪のような症状があった場合には内科などの医療機関を受診することをおすすめします。
インフルエンザの治療方法としてはインフルエンザウイルスの増殖を抑える方法と、高熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの苦痛症状を緩和する対処療法の二つあります。
増殖を抑える治療ではインフルエンザウイルスに作用する抗インフルエンザウイルス薬の内服薬や吸入薬を投与します。
対処療法では関節などの痛み止めとした非ステロイド性抗炎症薬、解熱剤を主に処方していきます。
治療手段としてはいくつかの薬剤がありますが、安静にすることやしっかり水分補給をすることが基礎的な治療方法になります。
インフルエンザの診断を受けたら、しっかりと決められた期間は自宅療養しましょう。

インフルエンザの治療薬

抗インフルエンザ薬では、ノイラミニダーゼ阻害薬のタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタなどがあります。
タミフルは内服薬は5日間の服用、リレンザとイナビルは吸入薬として投薬するものです。ラピアクタは点滴薬で内服が容易でない場合などに用いられます。
インフルエンザウイルスは鼻の粘膜などの細胞に付着し活動を始めます。
その際、自分が持っている遺伝情報(RNA)を放出し、必要なたんぱく質などを巻き込んで自分のウイルス遺伝子をつくります。
このウイルス遺伝子が細胞の外へ出ようとするときにノイラミニダーゼという酵素の助けを借りなければならないのですが、この酵素を阻害するのが「ノイラミニダーゼ阻害薬」になります。
抗インフルエンザ薬は48時間以内に使用することでより効果を得られます。
発症して2~3日後にウイルスの数がピークとなるため、その前にウイルスを抑えようとする薬剤です。
その他にも作用が異なる薬剤は開発されていますが、流行するインフルエンザの型によって効果の有無が変わってきます。
当院皮膚科ではインフルエンザの治療にあたっており、新宿や周辺の西新宿などを含めて多くの患者様にご利用いただいております。