新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・内科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

にんにく注射

  • にんにく注射

ビタミン不足は様々な病気の原因になると言われていて、これはビタミンCだけでなくビタミンB1の欠乏にも当てはまります。ビタミンB1は体内での化学物質の代謝に関与していて、ビタミンB1の不足により様々なトラブルが起こると言われているのです。

ビタミンB1不足を放置しているとこんなことに

肌荒れ

ビタミンB1不足によって様々な神経の病気が現れてきます。慢性不足では多発性神経炎や神経痛が起こることがわかっていて、脚気や代謝性アシドーシスなどの様々な病気の原因となると言われています。このため、ビタミンB1の不足を防ぐためにサプリメントや食事の改善などの様々な治療が行われていました。しかし、残念ながらビタミンB1は水溶性のビタミンなので、体外に簡単に排出されてしまい、放っておくとついつい不足してしまうビタミンなのです。

市販薬だけでなくにんにく注射を活用しよう

市販薬を使った治療だけではビタミンB1の不足を補うことが難しく、ビタミンB1を多く含んだにんにく注射を有効活用すると非常に効率良くビタミン不足を補うことができます。にんにく注射にはビタミンB1が大量に含まれていて、夏バテで体調を崩してしまったり、疲れが取れない時に手軽に体力を回復する手段になります。医師の診断のもとで使用すれば大きなトラブルを避けながら使用することができるのでどなたでもにんにく注射を利用することができます。注射には即効性があるので、慢性的な倦怠感を感じている方は是非一度医師に相談をしてください。